遮熱屋根塗装の施工方法

今回紹介する遮熱屋根塗装の施工方法!!

3月4月、時期的に屋根の塗装がしやすい季節

今回H様邸の外壁リフォーム工事の中で

施工させて頂きました遮熱屋根塗装の

施工例を紹介します。

今回の使用材料

日本ペイントさんの

遮熱塗料サーモアイSiを使用させて頂きました。

https://www.nipponpaint.co.jp/thermoeye/factory/download/pdf/thermoeye_factory.pdf

↑↑ここから材料説明、詳細確認できます!!

さてさて屋根塗装施工手順に入ります

屋根板金にまず錆止め塗料を塗布していく作業からです。

屋根板金は、錆びて劣化すると…

広島市安佐北区で錆びた棟板金があるカラーベスト屋根の修理リフォーム ...

こんな感じになります。

やはり雨や雪、紫外線がまともに当たる場所が屋根…その為

劣化するのが早いです。

なので劣化を防ぐため屋根は

10~15年が塗り替え時期になってきます。

当たり前のことですが施工手順(手抜き)をおろそかにすると

塗り替えても10~15年持ちません。

まず屋根板金の錆びを防ぐため、

錆止め塗料を屋根板金に塗布していきます。

錆止め作業を終えると次は遮熱塗料の一番大事な

遮熱シーラーを塗布していく作業です。

サーモアイシーラー(下塗り材)を

塗布していきます。

この材料の凄いところ

夏の暑い季節の時の屋根塗装は

結構過酷なんです…

靴を履いていても足の裏が

火傷することもあるんです…

でもサーモシーラーを塗布するだけで…

どれだけ日を浴びていても冷たいんです。

噓みたいな話ですが本当の話なんです!!

だから職人さんにとっても施工しやすい

材料だと思います。僕もその職人の一人なので

オススメします!!

サーモシーラーを終えると

中塗り作業に進みます!!

中塗り作業は屋根に色を付けていく作業

中塗りの時気を付けることは、

均等に塗料を載せていくように

塗布していきます。

中塗りをしっかり塗ることで

上塗り作業の時のスピードが上がります。

中塗り作業で仕上げる気持ちで塗る事がスピードアップにつながります!!

そして仕上げ作業

上塗り作業は中塗り作業と変わりません。

中塗り同様に塗っていきます。

しっかり塗るのが当たり前!!

こうして屋根が完成します。

                                               施工後

                                                施工前

 

【電話】 0120-062-039
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 守口市を中心に近畿一円


一覧ページに戻る